people
JAM STNAD people

#2 atelierBluebottle

2017.02.02

#2 atelierBluebottle

atelierBluebottle
辻岡 慶さん、辻岡里奈さん

「今の時代、いつでもどこでも、欲しいものが手に入るのが当たり前ですが、広がるのが早ければ、飽きるのも早い。丁寧な物づくりと販売がしたかったんです。」

10年以上に渡りバッグ業界で活躍してきたデザイナー夫婦辻岡 慶さん、里奈さんは2013年よりその場所、そこでしか買えないモノ。そんなブランドを目指しatelierBluebottleスタート。

生産性や合理性からの離脱、そこでたどり着いた答えはとてもシンプルでした。
「モノを作る。人に売る。」

1点ずつ受注してからの製作となりご注文から発送までは90日程度かかるatelierBluebottleのリュック。モノが溢れ、ネット社会の今日、久しぶりに手に入れるまで、自分の元へ届くまで待ち焦がれるという感覚を味わいました。(実際に三宅も10月に発注させていただき12月に到着!)

dsc03310

collar PAC-03 X-PAC

このリュックを背負った時衝撃的な感覚でした。肩に対する負担が驚くほど低い。
日本人の身体を考慮して作られた形状は限りなく身体に密着し、横揺れがほとんどありません。

手に持っていると凄まじい重さの荷物でも背負ってしまえば驚くほど軽く動きやすい。
山登り、ハイクはもちろんですが、街使いでも存分に威力を発揮してくれます。

dsc03282

チェストの位置も人によってかなり差がありますが、もちろん変えられます。

dsc03297

基本的にはリュック全体もよほどのひどい雨でなければ雨の心配はいりません。また防水のファスナーの搭載したポケットも搭載。

dsc03290

横面はこんな感じ。長いものはこちらに収納可能(個人的にはカメラの三脚なんかも入って便利でした)

dsc03292

何と言っても特徴的な潔い背面の大きなポケット。
とりあえずここに入れましょう。出したり入れたり、いろんな局面で助かりました。
旅行などでも驚異的な便利さでした。

dsc03294

dsc03289

軽量化されたこだわりのパーツが随所に。

dsc03287

ロールトップになっているので、充分に入ります。

dsc03262

女の子が背負ってもかわいいです。

内容量は本当に充分たっぷりなんですが、横幅は少しタイトでモノがたくさん入ってもスマートな形。使ってみて『良くできている』という言葉が本当にぴったりです。欲しいものはすんなり兼ね備えられていて、いらないところがない。

春には軽い山登りにも行ってみようと思っています!

画像のリュックは一番大きいタイプですので、もう少し小さめのタイプも合わせて全3種類、またサコッシュも人気です。

dsc00837

Hiker’s SOCKSがまた驚くべき履き心地と機能性。一度履いたらやみつきです。

dsc00844

 

dsc00836

atelierBluebottle
http://www.atelierbluebottle.com
https://www.facebook.com/abluebottle/

 

 

03-6408-9085

受付 : GOBLIN.